あすか少額短期保険株式会社

個人のお客様へ - 新・入居者あんしん保険 -

  • トップページ
  • 個人のお客様へ(新・入居者あんしん保険):お支払いの対象となる事故

お支払いの対象となる事故

損害保険金
家財保険金
火災
火災
落雷
落雷
破裂・爆発
破裂・爆発
風・水・ひょう・雪災
風・水・ひょう・雪災
外部からの物体の飛来・衝突
外部からの物体の飛来・衝突
給排水設備・他の戸室の事故による水ぬれ
給排水設備・他の戸室の事故による水ぬれ
騒じょう等に伴う破壊行為
騒じょう等に伴う破壊行為
借用住宅内保管中の家財の盗難
借用住宅内保管中の家財の盗難
借用住宅内保管中の通貨・預貯金証書の盗難
借用住宅内保管中の通貨・預貯金証書の盗難
  • 保険金をお支払いする主な事例

    隣室の火災が延焼し、家具や洋服が焼失してしまった。

    隣室の火災が延焼し、
    家具や洋服が焼失してしまった。

  • 保険金をお支払いできない主な事例

    上の階からの漏水によって携帯電話が壊れてしまった。

    上の階からの漏水によって
    携帯電話が壊れてしまった。

    携帯電話は補償の対象外です。

携行家財盗難保険金(補償拡大特約を付帯した場合のみ)
  • 保険金をお支払いする主な事例

    帰宅中にバッグをひったくられた。

    帰宅中に
    バッグをひったくられた。

    警察への届け出が前提。

  • 保険金をお支払いできない主な事例

    バッグが置引きにあった

    携行している家財が補償の対象となります。携行とは、身体に装着している状態または身体により移動もしくは運搬されている状態をいい、置引きは対象となりません。

  • 持ち出し家財保険金
    (①〜⑦の事故)
  • 引越中家財保険金
    (①〜⑦の事故)
費用保険金
特別修理費用保険金(借用住宅に生じた特定の修理費用)
  • 保険金をお支払いする主な事例

    化粧ビンを誤って落とし、洗面台を破損した。

    化粧ビンを誤って落とし、
    洗面台を破損した。

  • 保険金をお支払いできない主な事例

    タバコのヤニで壁が変色した。

    タバコのヤニで壁が変色した。

    タバコのヤニによる変色は徐々に進行するものであり「不測かつ突発的な事故」には該当しないための補償の対象外です。

ストーカー対策費用保険金(補償拡大特約を付帯した場合のみ)
  • 保険金をお支払いする主な事例

    • 避難のために住居を移転した。

    • 証拠をおさえるためにビデオカメラを購入。
      電話番号を変更し(変更費用)、
      防犯ブザーを購入した。

      いずれもストーカー規制法に基づく警察の受理が前提。

盗難転居費用保険金(補償拡大特約を付帯した場合のみ)
  • 保険金をお支払いする主な事例

    空き巣

    空き巣にあい当社より盗難保険金が支払われ、その後、不安解消のために住居を移転した。

  • 保険金をお支払いできない主な事例

    借用住宅の敷地内の駐輪場に停めてあった自転車が盗難、当社より盗難保険金が支払われ、その後、不安解消のために住居を移転した。

    借用住宅内への不法侵入がない場合は、盗難転居費用保険金は補償の対象外です。

地震火災費用保険金
(地震・噴火・津波を原因とする火災による家財の全焼)
(補償拡大特約を付帯した場合のみ)
  • 保険金をお支払いする主な事例

    地震による
    揺れで家財が
    全壊した。

    火災によらない場合は補償の対象外です。

  • 臨時費用保険金
    (①〜⑦の場合に臨時に生ずる費用)
  • 残存物取片づけ費用保険金
    (①〜⑦の場合に要した費用)
  • 失火見舞費用保険金
    (①、③の場合の近隣への見舞金等の費用)
  • 被保険者死亡による復旧費用保険金
    (借用住宅に生じた復旧費用・遺品整理費用)
入居者賠償責任保険金

第三者への賠償

貸主への賠償

  • 保険金をお支払いする主な事例

    • 自転車の接触事故

      自転車を運転中に、他人に接触しケガをさせてしまった。

    • タバコの不始末

      タバコの火が消し忘れで火災を起こし、借用戸室を焼失させた。

  • 保険金をお支払いできない主な事例

    • 知人から借りたパソコンを壊してしまった。

      被保険者が使用または管理する財物の損壊についてその財物につき正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任は補償の対象外です。

    • 職務遂行中に作業先の壁を破損してしまった。

      職務遂行に直接起因する損害賠償責任は補償の対象外です。